NURO光の申し込み、契約手順/開通までの流れ【実体験レポ】

NURO光の申し込み、契約手順/開通までの流れ【実体験レポ】

NURO光の申し込み方法、契約した後の手順、開通までの流れを実体験をもとに紹介していきます。
実際に申し込んでNURO光を利用していますが、申し込みは難しいことはありません。
ただちょっと注意点がありますのでこの記事を読んでから契約すると安心して申し込みできると思います。

 

ぜひ、これから契約するという人のために読んでもらいたいです。

 



 

申し込んでから開通までの流れ

 

1、NURO光に申し込んで契約する
↓ 当日〜1日後
2、開通センターから連絡が入り工事日を予約
↓ 約10日
3、宅内工事 要立ち合い
↓ 約10日
4、屋外工事 要立ち合い【開通】

 

実際に申し込んだ私の流れ

 

10月6日 申し込み So−net会員登録

10月6日 開通センターより電話で概要説明&宅内工事日予約
10月6日 フレッツ光 解約サポートセンターへ電話連絡 10月30日で解約する旨を伝える(日にちは変更可能)
↓ 7日
10月13日 宅内工事 立ち合い工事終了後、その場で屋外工事予約
↓ 14日
10月27日 立ち合い屋外工事【開通】立ち合いといっても屋外の工事のため、ずっと工事を見てるわけではなく家の中で待機。最後にランプ確認のみ パソコンに繋げて利用開始
10月30日 フレッツ光解約

 

開通までの期間 21日

 

開通までの注意点

 

・すぐには開通できない
・工事が2回ある
・工事は立ち会わなければならない
・工事を予約した時点では午前か午後しかわからない
・口座振替の場合、手数料200円かかる

 

工事の時の注意点

 

・工事が土日だと別途3000円(税別)かかる
・スケジュール調整をしなければならない
・配線を撤去する時は別途10000円(税別)かかる
・フレッツ光など他の光回線の配線は残すことも可能(撤去費無料)

 

最も注意しなければならない点は別途必要がかかるところです。

 

土日の工事は別途3000円かかりますので出来れば平日に工事を行いたいところです。
土日の場合は予約が取りにくい部分もあります。

 

NURO光を解約する時に撤去する必要がある場合、撤去費用が10000円かかってしまいます。
特にマンションの場合は管理会社、オーナー様の方で撤去するように言われることもあるかと思いますので事前に解約する時のことも話しておきましょう。

 

NURO光が開通するまでの期間

 

公式サイトではおよそ1か月程度となっています。
実際には21日で開通させることが出来ました。

 

ただし繁忙期や工事のタイミングでそれ以上長くなってしまうこともあるようです。
立ち合い工事が2回あるので意外と長引いてしまうということも考えられます。

 

開通するまでの期間はおよそ20日〜40日程度見ておく方が良いかもしれません。

 

光電話を開通させるにはさらに1週間かかる

 

NURO光でんわ開通までの流れ

 

NURO光(インターネット回線)開通
↓ 約1週間
NURO光でんわ開通 So-netから開通のメール連絡が入る

 

光電話を使用するならソフトバンクのおうち割が適用される
ソフトバンクユーザーであればおうち割光セットが適用されます。
実はソフトバンクのスマホを利用していてソフトバンク光を利用なら料金は安くなります。

 

おうち割を適用させるにはNURO光、ソフトバンク側両方でホワイトコールに申し込む必要があります。

 

まずは提供エリア確認

NURO光の申し込みをする前に提供エリアを確認してみましょう。

 

>> NURO光 公式サイトはこちらから <<

 

確認手順

1、新規申し込みをクリック
2、郵便番号入力し、住所を選択
3、提供状況を確認するをクリック
4、提供エリアですと緑の丸が表示されれば利用可能

 

申し込みの時はキャッシュバックを貰おう

NURO光は公式webサイト限定での特典があります。

 

・30000円キャッシュバック
・工事費実質無料
・セキュリティソフト永年無料(年間6000円相当)
・So-net設定サポート1回無料

 

So-netさんが公式に行っているキャンペーンとなります。
安心できる点、キャッシュバックが高額でしたので私もこちらから申し込みました。
こちらも参考にしてみて下さい。

 

>> NURO 光 今なら30000円キャッシュバック <<